住まいづくりは一生に一度ですので慌てずにごゆっくりとお進め下さいませ。
​ご相談はこちらから、些細なことからお気軽にどうぞ。
0568-28-1880
〒480-0202 愛知県西春日井郡豊山町豊場新田町123-1
​TEL/FAX
MAIL
簡単な入力はこちらから

愛知県、名古屋市、岐阜県、三重県、春日井市、小牧市、北名古屋市、岩倉市、江南市、一宮市、尾張旭市、瀬戸市、稲沢市、岐阜市、四日市市、桑名市、新築、予算、土地、注文住宅、建築設計事務所、建築士事務所協会、sumika、asj、オウチーノ、無添加、漆喰、ガルバリウム鋼板、木製玄関ドア、ナチュラル、シンプル、木製建具、珪藻土、無垢フローリング、ウッドデッキ、モルタル、オーダーキッチン、おしゃれリビング、おしゃれトイレ、中庭、和モダン、鉄骨階段、緑が見える家、自然素材、住宅ハウスメーカー、工務店

Copyright © 2013-2018 Kengo Ando Design Office  All Rights Reserved.

大高の家

​『瓦の屋根で上からずーっと下りてきてそのまま塀になるような家がいい

これがご主人さんのご要望。

極狭前面道路かつ突き当たりという

厳しい敷地環境の中

​道路側に駐車場を3台確保し

​残地でその平屋のような2階建てを計画しました。

是非一度土地を見てきて下さい

その言葉からはじまって

現場を探すも見当たらない。

どこから入ろうにも入れない。

小一時間探し続けて

最初に『こっちでは絶対ないね

と早々に引き返した極狭登り坂に挑むと

そこに現場はありました。

愛知県名古屋市 2015年完成

敷地面積:314.41㎡ (95..11坪)

建築面積:69.56㎡ (21.04坪)

延床面積:119.24㎡ (36.07坪)

構造・規模:木造2階建

​家族構成:夫婦+子供2人

ここからの景色良いねとか

水道の引き込みちゃんとあるかなとか

そんな余裕すらなく

第一声が

レッカーとかトラックとか入れる?

でした。

これは計画以前の問題かしらと

早速監督さんに連絡して

関係各所に確認して頂いたところ

工事はできる。ただ2tしか入らんで少しお金がかかる

との返答。

われわれ建築士は『余計なお金』に敏感ですが

とりあえず建築可が確認できて計画を始めたのが

​この現場の序章です。

土地購入から着工まで期間があいたので

草は縦横無尽に生え

高低差がある敷地のため

ゲリラ豪雨による低地への土砂の流出の対処

定期的なU字溝のごみそうじなど

雑務も多々ありましたが

お施主様やご友人などのご協力あって

着工まで

無事辿り着きました。

地盤は

もともと造成される際に盛り土がされており

数十年経過しているとはいえ

締め固まり具合が不均一で

場所によっては沈下障害を起こす可能性が懸念されることから

​柱状改良を行いました。

現場に集まられた多くの人に​見守られ

閑静な周辺環境に溶け込むように

 

そっと​佇みました。

1mほどある高低差は

安全面と費用面で

基礎を深くつくって対処し

重量ブロックで土を留めました。

基礎工事と造成工事が

終わり

計画をはじめてからほぼ一年

​待ちに待った上棟です。

爽やかすぎる秋晴れの中

静かな静かな住宅街には

たくましい​男達の奏でる木槌の快音が響き渡ります。

棟梁が事前にゴソゴソと仕込んでおいた

ちょっと特殊な屋根下地も

​ぴったり納まって

上棟が終わって

まずは雨仕舞いです。

ご主人さんのこだわり

いぶし銀の瓦です。

瓦は見た目が重たいイメージが…

と言われますが

真一文字軒といって

軒先が一直線になる瓦をつかったり

のし瓦といって

屋根の頂上部分の瓦を高く積まないようにすれば

軽さが出せます。

屋根工事が終わって内部の工事に入り

まずは

断熱工事と並行して床暖房工事がされます。

大高の家の床は

国産杉の無垢フローリングですので

板が反らないように

低温水式床暖房『うらら』​を採用しています。

Utopian Radiant Land …「URala」【うらら】

光輝く理想的な大地

​が名前の由来だそうです。

メーカーのカタログから文章を引用させて頂くと

『無垢フローリングの場合、

一般的な床暖房などで60℃以上に加熱されると

急に歪みはじめるといわれています。
木が大地に生えていた時に経験したことのある温度範囲

を超えてしまっているからです。』

それに対して『うらら』は

低温の温水40〜55℃で床を温めるので

木の反りを予防し

かつ

低温やけどの心配なく、お子様もご高齢の方も

安心してお昼寝できるというわけです。

60℃以上の床暖房器具を採用する場合

幅広の無垢フローリングが使えなかったり

幅広でも3層に重ねた積層タイプのフローリングになってしまうので

​お施主さんにとっても建築士にとっても

​かゆいところに手が届いている製品なんです。

設備屋さんが

床暖房を取り付けている間

大工さんは

天井下地を組んでいます。

5寸勾配の屋根に沿った勾配天井は

各部屋に変化をつけ

窓からの景色へと、空間を絞り込んでくれています。

一番高い部分は

小屋裏収納として使えたり

​換気扇を設置することで

吹き抜けから上がってくる

夏の熱い空気を屋外に排出することができたり

​有効に使えることができ

天井下地が組み終わる度

『隠してしまうのがもったいないくらい美しい』

と思ってしまうのは

職業病ですが

下地がきれいということは

仕上がりがきれいになるという証拠でもありますので

​ここで一安心致します。

どこのご家庭も共通して

納戸、小屋裏に仕舞いたいもので真っ先に挙がる

 

一年に一度登壇されるお人形様

扇風機、温風ヒーター

アウトドアグッズ

などダンボールに入れて収納する

どうしてもかさばってしまう所謂『季節物』の

置き場としては

​大変重宝されるスペースです。

天井に石膏ボードが貼られると

急に部屋になって

もう住めそう、住みたいという

感情が湧いてきますが

工事はまだ折り返し地点で

次は大事な大事な

『庭とリビングをつなぐ窓』​へ。

造作材と呼ばれるこの無垢の化粧板は

樹種によっては

材木屋さんが

丸太で買って製材し

加工屋さんが

荒々しい表面をつるつるにして

正確な幅や厚みに整えて

やっと

現場に届きます。

打合せ当初、概算の段階では

アルミサッシだったこの『外と中をつなぐ窓』は

お施主さんとの

『変更・切り捨て』という

断捨離にも近い金額調整

粘り強く行ったことにより

『木製建具』に

​グレードアップすることができました。

お安くないこのお化粧材

失敗は許されませんよ』と

監督さんに囁かれているような

重たいプレッシャーを背負って

リスクしかないこの状況で

0.5mm単位で指示された図面だけを頼りに

しかも一人で作ってしまうのですから

​頭を上げられません。

大工さん。

1mmのくるいもありません。

​ありがとうございます。

開口部の造作ができあがると

残すは

大工さんの工事による仕上げ工事

大工工事大詰めです。

空間を彩る無垢の化粧材が次々と

​納められていきます。

階段は床に合わせて

無垢の杉で

踏板だけで蹴込板のない

ストリップ階段でつくって頂いております。

蹴込板がないことで壁ができず

​空間を連続させることができます。

階段ができると

現場を見に来た子供達が

勝手に登ってしまうこと

往々にしてございますので

続いて

吹抜手摺に移って頂きました。

吹抜手摺は

庭からの風が抜けるように

また1階からも2階からも視線が抜けて

家族の存在が感じられるように

縦格子にしています。

ダイニングの天井には

ヨシベニヤといって

蒲(がま)を薄いベニヤに綿糸をつかって

留めたパネルを貼っています。

ヨシベニヤという名称ですが

実際は『』ではなく『』を

使っているそうです。

いずれにしても

水辺、湿地に群生する植物で

​茎の中が綿のようになっているため

調湿効果と吸音効果があって

視覚的にも優しい

非常にコストパフォーマンスの高い材料です。

大工工事完了と共に

​外壁の板金工事も終盤に差し掛かりました。

窓周りも笠木もきれいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

内部は

仕上げに関わる業者さんが

順番に順番に

ぶつからないように入ります。

建具屋さんが工場でつくった建具を

現場に運ぶと

塗装屋さんが塗りにみえて

ガラス屋さんがガラスを嵌めにみえて

塗装屋さんガラス屋さんが帰られると

​また建具屋さんがいらっしゃって

​建具を取り付けます。

左官屋さんがみえて

​キッチンの床をモルタルで仕上げると

キッチン屋さん

自家製のキッチンを取り付けにいらっしゃり​

家具屋さん

自家製の​家具を取り付けにいらっしゃいます。

クロス屋さん

沖縄でつくられた月桃紙を貼り終えると

電気屋さん

美濃和紙をつかって美濃でつくられた照明を

​取り付けてくれます。

この

たくさんの人と1つのものをつくること

楽しくて楽しくて

そこで暮らすということに携わることができて

大変だったことも全て報われて

本当に幸せだなって思います。

内装仕上げの締めくくりで

私たちも何か足跡を残したい』と

お施主さんが選ばれたのは

​『見えない収納の漆喰塗り

本来コテで滑らかに塗る漆喰ですが

意外にむずかしいねぇ。

なんて呟かれながら

ご夫婦は漆喰の団子を一つずつ

これからよろしくねという気持ちと共に

壁に押し付けておられましたし

両家のご両親もみなさん

手伝いにきて下さり

本当に仲が良くて

感心しながら

​様子なんか見に行けば

もう僕たち疲れちゃってさ〜』と

『さじを投げる』ならぬ『コテを投げ』

素手で塗られたりしてて

これも家族の証』と自分勝手にうなづいて

​ほのぼのさせて頂きました。

漆喰セルフビルドも何とか終わって

水道屋さんが屋外の配管を結ぶと

植木屋さんが植樹して

黒竹を植えた真裏に

フェイクでない本物の黒竹をつかって

竹屋さんが竹塀をつくり

外構屋さん

道路と住まいを

つなげてくれたら

揖斐川まで探しに行った

大きな石が

​門番となって完成です。

お施主様とつくってきた1年とか2年がかりの思い出と共に

お手伝いさせて頂いた『住まい』をご紹介致します。

ある意味では

私たちに全てを委ねて下さったお施主様への

感謝の気持ちを込めた現場監理報告書のようなものでもあります。

​一読して頂ければ嬉しいかぎりです。