住まいづくりは一生に一度ですので慌てずにごゆっくりとお進め下さいませ。
​ご相談はこちらから、些細なことからお気軽にどうぞ。
0568-28-1880
〒480-0202 愛知県西春日井郡豊山町豊場新田町123-1
​TEL/FAX
MAIL
簡単な入力はこちらから

愛知県、名古屋市、岐阜県、三重県、春日井市、小牧市、北名古屋市、岩倉市、江南市、一宮市、尾張旭市、瀬戸市、稲沢市、岐阜市、四日市市、桑名市、新築、予算、土地、注文住宅、建築設計事務所、建築士事務所協会、sumika、asj、オウチーノ、無添加、漆喰、ガルバリウム鋼板、木製玄関ドア、ナチュラル、シンプル、木製建具、珪藻土、無垢フローリング、ウッドデッキ、モルタル、オーダーキッチン、おしゃれリビング、おしゃれトイレ、中庭、和モダン、鉄骨階段、緑が見える家、自然素材、住宅ハウスメーカー、工務店

Copyright © 2013-2018 Kengo Ando Design Office  All Rights Reserved.

尾張旭の家

広々とした平坦地に平屋のような木造か

はたまた

小さな崖のような森に狭小RC造か

真逆とも言える究極の二択から

​お施主様が選んだ結果の住まいです。

 

将来は1階で暮らしたいとのご要望もあって

1階衣食住完結+2階子供部屋

​木造2階建てで計画しました。

愛知県尾張旭市 2016年完成

敷地面積:253.93㎡(76.81坪)

建築面積:107.82㎡(32.62坪)

延床面積:139.12㎡(42.08坪)

構造・規模:木造2階建

​家族構成:夫婦+子供3人

現場に赴く度に

​大袈裟でなく30分は

ご近所のご婦人会(アラ80)に

参加させて頂き

ごみの捨て方から始まって

この地域はかつて一等地だったという件までお話し頂き

『この辺りは昔からの土だから地盤は安心よ!』

と貴重な情報を頂いていた通り

地盤調査結果は

調査地は切土もしくはほぼ在来(昔からの地盤)相当の地盤と

推察され、浅い深度より良好な支持力を有する地盤

改良工事無く直接基礎となりました。

ご相談にいらっしゃった当初

 

[閑静な住宅街に広々とした平坦地]

[手つかずで急傾斜地の小さな森]

2つの相反する敷地で迷われていたお施主様。

では早速現場を確認させて頂き

2つの敷地でそれぞれの特性を生かしたプランを

ご提案させて頂きますので

それをもって

奥様とご相談して頂き、方向性を決めましょう

 

なんて意気込んで

いざ現場に到着すると

その小さな森は

本当に森でして

購入検討者が通り過ぎないような位置に

売地の看板があるくらいで

 

『玄関は反対側みたいね、こちら側の樹木は極力残して

リビングから森を楽しむプランを』と思い

廻ってみれば

こっちも森、というかガードレールがあるくらい崖で

森を上から見る敷地に呆然とし

​お打合せでおっしゃっていた

『あんなとこ、ほんとに家建つんかなぁなんて思っちゃって笑』

というご主人さんの言葉に

思わず共感してしまいましたが

ご要望内容を満たすには

住まいの屋上の高さを道路に合わせるのが最良案で

3階建て狭小住宅をご提案致しました…

想像を絶する住まいの小ささ

子供を遊ばせるための庭がサバイバルに近いこと

この2点が大きな要因となって

逆に

尾張旭ならこんな大きく建てられるんですか、庭もある!

『平坦地』の株が急上昇して

​住まいの計画が始まりました。

既存擁壁への負担を考慮して

基礎の根入れを深くしようと

解体後の整地でされた盛り土を鋤きとってもらった結果

現場には一時小山ができましたが

1日掛かりで処分して頂き

1階衣食住完結の舞台となる

大きな基礎が完成すると

土台を伏せて​、準備完了です。

​ご主人さんが

安藤さんとの打合せで雨降ったことないんですよ!

僕たち「超晴れ男ですよね!

と仰られた通り

​上棟式も当然のように快晴で

屋根が大きいから2日かかるかもしれない

と監督さんには言われておりましたが

大工さんの素晴らしい連携により

無事1日で終わり

夕日が沈むと

ずっとずっと楽しみにしていた

夜景を拝むことができました。

ご主人さんのこだわりがたくさん詰まった

『尾張旭の家』

じっくりじっくり温めてきたものが

少しずつ

​形になっていきます。

建物を末永く守りたいので

軒は長く、でも重たくならないように薄く…

だってせっかく安藤さんに設計してもらって

大工さんに一生懸命つくってもらって

傷んじゃったら悲しいじゃないですか

 

って言葉に思わずじわ〜っと

込み上げてくるものがありましたが

ちょっと待ってください

その長く薄くってのが難儀なんですよ

安藤さんどうやってこんな庇納めるの。

なんてぶつぶつ言いながらも

ちゃんと納めてくれるのが大工さんで

庇が垂れないように

2×10の板(約4cmの厚みで約24cm)

を建物に突き刺して

先端はというと6cmです。

庇が出来上がると

やっと屋根を仕舞えますので

​内部の工事も進んで

次のこだわり、木製造作建具。

大量の無垢材が現場に届くと

一難去ってまた一難

こりゃあ大変だぁ…

​ぽつりと小声で吐いた言葉、耳から離れません。

頻繁に現場来てご説明しますから

​と大工さんをなだめさせて頂き

でも

いざ手をつければ

建築士がいなくても図面さえあればなんだってつくる

と言わんばかりに

やっぱりちゃんと納めてくれて

 

奥様初め

お施主様ご両親、そして子供達に

階段はいつ?階段はいつ付くの?

お待たせしてしまっていて

その度に

ご主人さんに

大事なところなんだから!

​説得して頂き

お待たせしてしまった甲斐あって

製作まで考え続けた分

ご主人さんには

イメージ通りですっ!

とおっしゃって頂き

子供達に

この家でどこが一番好き?

と聞いたら

階段!!

とまでいってもらい

本当にありがたいことでございます。

仕上げに入ってのメインイベントは

業者さんに

事務所でプレゼンテーションまでしてもらって

最後まで譲らなかった

ルートロン

とは

全ての照明のスイッチを

一箇所に集中させて

調光ができるという代物で

最近では

パナソニックやコイズミ照明などにも

類似品がありますが

なんといっても

時間帯ごとに明るさの調整ができること

スイッチボックスがおしゃれなこと

が他を寄せ付けない魅力としてあって

コアなファンがついています。

 

でもあくまでもこれは海外製。。

各照明メーカーさんから

対応型の照明でない場合

点灯しない可能性がございますので

その場合は御施主様責任です

と言われ

お施主様に報告しても

その時はその時です。』と一言

こうゆう時は必ず

​建築士と職人さんに大きな大きな重圧がかかります。

電気屋さんと英語表記の取扱説明書に悪戦苦闘して

21時近くまでかかって

無事点灯した時の喜びは

未だ鮮明に覚えております。

器具付が終われば家具の出番です。

 

半年以上も前から

ダイニングテーブルは一枚板で

岐阜まで探し求めに行き

一目惚れして

寝かせておいた

ブラックウォルナットの無垢板

ご飯をのせる準備ができて

春にも秋にも確認しに行った

​植木たちが

新しい家族のように​仲間入りして

完成をむかえます。

ご主人さんが

深夜残業中にも拘わらず

自作の3Dなんかも送ってくれた

階段工事へと移ります。

元気すぎる3人の子供達に

翻弄される日々でしょうが

これからも仲良く暮らして頂ければと思います。

ご主人さんが

猛烈に暑い日に

妻が車使ってるんで』と

尋常でないぐらい汗だくで事務所に来られたあの日を

私たちは​一生忘れません。

​本当にありがとうございました。

本当に癒される仲良しご家族で

だって結局私の意見なんて聞かないじゃーん

とおっしゃる奥さん

​『そんなことないよ、聞いてるよ、十分

とおっしゃるご主人

このやりとり

何度お聞きしたことでしょう。

いつも笑わせて頂き、打合せが和みました。

そんな奥さんに

住みやすいです

なんておっしゃって頂き

心から嬉しく思っております。

愛知県、名古屋市、岐阜県、三重県、春日井市、小牧市、北名古屋市、岩倉市、江南市、一宮市、尾張旭市、瀬戸市、稲沢市、岐阜市、四日市市、桑名市、新築、予算、土地、注文住宅、建築設計事務所、建築士事務所協会、sumika、asj、オウチーノ、無添加、漆喰、ガルバリウム鋼板、木製玄関ドア、ナチュラル、シンプル、木製建具、珪藻土、無垢フローリング、ウッドデッキ、モルタル、オーダーキッチン、おしゃれリビング、おしゃれトイレ、中庭、和モダン、鉄骨階段、緑が見える家、自然素材、住宅ハウスメーカー、工務店