住まいづくりは一生に一度ですので慌てずにごゆっくりとお進め下さいませ。
​ご相談はこちらから、些細なことからお気軽にどうぞ。
0568-28-1880
〒480-0202 愛知県西春日井郡豊山町豊場新田町123-1
​TEL/FAX
MAIL
簡単な入力はこちらから

愛知県、名古屋市、岐阜県、三重県、春日井市、小牧市、北名古屋市、岩倉市、江南市、一宮市、尾張旭市、瀬戸市、稲沢市、岐阜市、四日市市、桑名市、新築、予算、土地、注文住宅、建築設計事務所、建築士事務所協会、sumika、asj、オウチーノ、無添加、漆喰、ガルバリウム鋼板、木製玄関ドア、ナチュラル、シンプル、木製建具、珪藻土、無垢フローリング、ウッドデッキ、モルタル、オーダーキッチン、おしゃれリビング、おしゃれトイレ、中庭、和モダン、鉄骨階段、緑が見える家、自然素材、住宅ハウスメーカー、工務店

Copyright © 2013-2018 Kengo Ando Design Office  All Rights Reserved.

安藤事務所のウェブサイトを掘り下げて見て下さり

誠にありがとうございます。

このページは『住まいづくりをはじめる!』という方々に

少しでもお役に立てればと思い綴っております。

ご予算が決まったら

家族会議をして頂きたいです。

住まいづくり=暮らしの再確認だと私たちは思っています。

現在の暮らしで継続したいこと

新しく始めたいこと

改善したいこと』…

これらを含めて

新たな住まいではどのような間取りとすべきか

ご家族でゆっくりとお話しして頂ければと思います。

​例えば

ワンルームで家族の気配がわかる家

家事動線が短い家

吹き抜けがあるリビングから庭が見える家』…

など

具体的なご要望が多ければ多いほど

建築士とのプランの打合せはスムーズに進みます。

住まいをつくるのも住まわれるのも

建築士ではなく住まい手だからです。

長い家族会議を経て

住まいのイメージが固まったら

次は住宅展示場などで

実際に空間を体感されることをお勧め致します。

高い天井は開放感があっていい

​ですとか

キッチンとダイニングは配膳のし易さを重視したい

などを確認できる他

寝室は天井が低いと落ち着く

​という意外性や

子供部屋は6畳もいらない

​など固定観念や既成概念の盲点に気付けたりします。

日本に蔓延する

天井高2.4m必要説

子供部屋6帖プラス収納説

などは一般論で歴史も浅く

すべてのご家庭に通ずるものではないため

そのあたりを体感して決めておかないと

無駄に大きい建物になったり

内装の工事面積が増えたりして

必要ないところにお金がかかってしまいます。

必要最低限さえ把握できていれば

そのお金を使って

家族の大切な空間を豊かにできる

というわけです。

メーカー各社ラフプランや見積もりまで無料で作成してくれますので

練りに練ったご予算と住まいのイメージを

担当の方に伝え

積極的にプランや見積もりを依頼され

比較検討しながら

メーカーの特徴

むずかしい建築費の感覚

など掴まれると良いと思います。

 

ここからは

ご家族それぞれの価値観となりますが

会社ブランド』『短工期』『アフターフォロー

などのキーワードを優先される場合は

イメージにあったハウスメーカーで決められることをお勧めします。

会社にもよりますが

多数のメーカーが社員さんを多く雇われていますので

工事前、工事中、工事後

それぞれに担当部署が組まれています。

契約までの手続き

工事の段取り

入居後の不具合等への処置

など一人の業務の範囲が狭い分

より多くの方に迅速に対応することができます。

メーカー決定のポイントは

営業担当の方のメンタルの強さ

設計担当の方の会話力と設計力

建築地の周辺に実績

​などが挙げられます。

『契約してから営業の〇〇さんにお会いしていない』

『この建築士さん全く要望を反映してくれない

『この業者さん私たちの〇〇ハウスの仕事初めてらしい』

​というのはよく耳にする話ですので

住まいの担当者を指名できない

という点には注意が必要です。

ハウスメーカーとやりとりを進めてくうちに

そして最後は設計事務所

ハウスメーカーの提案も工務店の提案もピンとこない

もっと細かいことまでこだわりたいのに

イメージはあるのに説明できない

そう思われたら

設計事務所にお問い合わせ下さい。

設計事務所の一番大事な仕事は

住まい手の暮らしのイメージを形にすること

です。

大切なのは家族の暮らし。

 [住まいは理想の暮らし方をするための器]

であって

住まいをつくって暮らしを合わせる訳ではありません。

設計事務所の場合

計画から完成まで

平均で1年は掛かります。

3ヶ月とか4ヶ月とか

そんな期間では不可能なのです。

ハウスメーカーや工務店のようにある程度商品化された箱から

暮らしを選ぶのか

​商品を持たない設計事務所と

自分たちで理想の暮らしをつくっていくのか

その辺りの考え方が

設計事務所に依頼される決定要素です。

私たちは圧倒的に後者の方が

暮らしも

人生も

もっともっと楽しくなると確信しているから

この厳しい時代に独立して

住まいづくりのお手伝いをさせて頂いています。

​日々忙しい生活を送る中で

住まいづくりぐらい一旦立ち止まって

暮らしを見つめ直さないと

あっという間に時が過ぎて

子供も独立して

夫婦二人になった時

少し寂しい気がするのです。

 

だからこそ思い切って時間をとって

住まいづくりをゆっくりと楽しむべき

と私たちは信じていて

そんな方々からの

ご連絡を

心よりお待ちしております。

結局どのメーカーも外観が一緒』​

要望があまり満たされていない

あれこれつけたらすごい金額に

と少しイメージとのずれを

感じ始めた方は

次に

〇〇を得意としている工務店

のお話を聞いて下さい。

昨今『自由設計』を売りにしている工務店さんも多く

デザイン力のある建築士を自社に抱えられ

プランも柔軟につくられております。

 

住まいはある程度大きなカテゴリーに分ける事ができ

『和風』『洋風』『モダン』『シンプル』

『南欧風』『カントリーハウス』

などがありますが

自分たちのイメージがどれかに当てはまるかネット検索して

そのイメージの住まいを多く手掛けている工務店さんに

アプローチすれば

ハウスメーカーよりもコストを下げつつ

外観の差別化も図ることができます。

 

 

会社の規模にもよりますので

目安とはなりますが

一般的にハウスメーカーと工務店では

同等の仕様でも10%〜15%差額があります。

この差はメーカーの広告宣伝費や人件費、商品開発費など

会社経費によるもので

工務店が安い材料を使用するからとか

工期を短縮して職人さんの手間代を省くという理由ではないので

雑につくられる

という心配はありません。

残念ながらそのような会社もゼロではありませんので実績や口コミの確認は必須ですが…)

 

会社ブランドも要らないし、早く作ってもらいたい訳でもない

コストは抑えつつも、やっぱり自分たちだけの住まいがいい

という方は

工務店へ依頼をご検討されるとよいと思います。